メルマガバックナンバー

ボールの落下地点はゾーンで考える


■■ 「ボールの落下地点はゾーンで考える」

みなさんは、ティーショットやセカンドを打つとき、ボールの
落下地点を気にしていますか?

残り100yだとピンをしっかり狙って打っているでしょう。
では、ティーショットやロングホールのセカンドでは
どうでしょう?

しっかり落下地点を考えてショットしている人は
少ないと思います。
「どうせ当たらないから落下地点より方向しか気に
していない」という人が多いのではないでしょうか。

落下地点を最初にしっかり頭に入れましょう。しかも、
「点」ではなく『ゾーン』を考えるのです。

ティーショットの場合だと、ウェアウェイの端から端まで
残り100yの場合は、グリーンの端から端まで。

「当たらないから意識しない」ではなく「意識するから当たる」のです。
落下地点を「点」で考えるより『ゾーン』で考えたほうが
ショットが簡単になります。

あの幅に打つなら簡単だな〜って思いませんか?
リラックスして打てればゴルフは案外簡単だったりします。

練習場で打つときから、ボールの落下地点の『ゾーン』を意識
しながら練習しましょう!



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※