メルマガバックナンバー

アプローチの練習時間


■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


前回までコースを分割してボギーオンを狙うように、また、落とし穴にも
十分注意が必要であることを話してきました。

しかし、思ったように打てないからスコアにならないんじゃないか!と
いう声もあります。

確かに思ったように打てれば苦労もしないですし、スコアも良くなる
はずですしね。

あなたは100ヤード以内の練習をどのくらいしてますか?

コースを分割して攻略していくと150y飛ばしたいところを140yしか
飛ばなくても残りのショットでその10yを足して打てば問題ありませんね。
しかし、グリーンに乗る距離、主に100y以内に来てからミスがでると
分割もまったく意味を成さなくなります。

だから、1打目2打目での失敗をアプローチでカバーする、
1打目2打目で上手く打てれば確実に3打目でグリーンに乗っけることが
必要になります。
その為にアプローチが大事なのです。

しかし多くの人はアプローチに時間をかけません。
ミスを帳消しにするのもパーを取るのも全てアプローチにかかっているのにですよ。

今週の気づき
 「アプローチの練習時間をもっと増やそう!」

でもアプローチの練習はそれだけではなかなか続かないし、チョンチョンとその辺に
打つのに1球10円を使うのはもったいない気がします。

どのようにアプローチの練習を普段の練習に取り込むか?

それは、ウォーミングアップ、インターバル、クールダウン、このタイミングを
アプローチに当てます。

練習場に行って、準備運動の後にまずアプローチ(ウォーミングアップ)
ミドルアイアンやドライバーの練習をやって疲れたら休憩しますが、
その休憩の前にアプローチ(インターバル)
最後は思い切り打って練習を終わりたいところだけど、10球はおいといて、
最後にその10球をアプローチに使う(クールダウン)

練習の合間に上手くアプローチを取り入れましょう。

上級者は、練習の半分以上がアプローチです。
アプローチの重要性を再認識して、コンスタントに練習するようにしましょう。



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※