メルマガバックナンバー

練習グリーンを有効に使おう



■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


練習グリーンを有効に使おう!

みなさんゴルフ場でスタートの前に練習グリーンでパターの練習をやって
いると思います。しかし、練習グリーンで練習したら本番で入らなくなる
って話を聞きます。
それは練習グリーンでの練習の仕方が間違っているからです。

まず気をつけたいのが、練習グリーンは本グリーンとは違うということ。
練習グリーンは多くの人に踏まれるので硬くなったり芝が寝てしまっています。
またコースによっては芝が傷まないように長めにカットされています。

もう1つがカップの周りは踏み固められているから練習にならないということ。
多くの人がカップに向かって打ちます。その球を拾いにカップにくるので
カップ周辺は特に踏まれています。

では、こんな状態の練習グリーンで、どんな練習をすれば効率がいいでしょうか?

「人があまりいない端の方で練習しましょう」
人があまりいない端の方は、本グリーンと近い状態ですし芝も荒れていません。
正確な距離感は出せなくても、カップ周辺よりよっぽどいい状態です。
目標物(芝の色やティーを刺したり)を見つけて練習しましょう。

「カップ周辺で練習する」
カップ周辺で練習するなというののまったく反対なんですが、
これは、カップに入った時の音、「カコンッ」って音を聞いておいて
本番でもカップに入った時の音を思い出しながら打つとイメージが
つきやすいのです。

今週の気づき
 「練習グリーンを有効に使おう!」

また、その日の為のパターの練習ではなく、パター上達の為の練習をするのも
効果的ですね。

普段はあまりやらないパターの練習です。コースに出た時は、スタートまで
ゆっくりコーヒーなんて飲んでいないで、パターの練習をしましょう〜

1回コースに出た時に10球パターの練習をしたら、1年間10回コースに
出たとして、100球パターの練習が出来るわけです。
家で100球のパター練習は難しいので、コースに出たときくらいは
有効にパターの練習をしましょう!

パター練習でボールを3つ持っていけば、1回で30球の練習になり
1年で300球の練習です。かなりの練習量でしょ?



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※