メルマガバックナンバー

同伴者のパッティングを参考に



■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


同伴者のパッティングを参考に!

先週はパターの話でしたが今週もパターの話です。

グリーン上で同伴者が同じようなラインに球がある時は、ちゃんと参考に
しましょうという話です。

このメルマガでは以前より、自分が打つ前にいろんな情報収集をすることを
伝えてきました。それがナイスショットを呼ぶことにもなりますし、ミスを
事前に防ぐことにもなるからです。

パターも同じです。
同伴者が同じようなラインにある時はしっかり参考にしましょう。

見るところは3点。
「方向」「スピード」「曲がり方」

どの方向に打ったか?スライスかフックか真っすぐか?
どのくらいのスピードで転がっていくか?
そしてどのくらい曲がったか?

見るだけではダメです。
その見た情報を頭の中でイメージできるくらいしっかり焼き付けましょう。
そして自分が打つ時に、そのイメージを思い出しながら打つと入る確率が
高くなるのです。

今週の気づき
「同じラインは、「方向」「スピード」「曲がり方」を頭に焼き付ける!」

パターは転がるイメージがつかめるようになると格段に上達します。
同じラインからのパットは最大限参考にしましょうね!

補足.同伴者のラインが見たいからといって、打つときに飛球線上にいるのは
マナー違反です。ボールとカップの飛球線上(前も後ろも)から
少しずれたところでラインをみましょう。

   こういう小さなマナーって上級者はちゃんと守ってます。
同伴者の上手い人の動きをグリーン上で見てみましょう。
こまめに飛球線上からずれるようにこまめに動いているのがわかります



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※