メルマガバックナンバー

ダフリ・トップを無くす1


■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


ダフリ・トップを無くす1

みなさん、ゴルフしてますか?
している人は少ないですよねーだからチャンスなのです。

今練習をはじめると春にはちょっと上手くなったゴルフができるように
なります。会社の仲間がまだ練習をしていない時に練習をする。
当然差をつけれるチャンスということになるわけですね。

ちなみに私は北海道なのでゴルフシーズンが4月中旬か5月頭から
スタートします。その為、1月に練習を再開して、最初のピークを
5月に持っていくようにしています。

ま、私のまわりは冬でも練習をしている人が多いのであまり差はつきません。
逆にやらないと差をつけられてしまいます。

12月のメルマガでしっかり休みましょうと話をしました。
しっかり休んで、悪かったところを思い出し情報を収集し、そして
いいイメージを持つということをやってもらいました。

今週から本格的にどういった練習をすればよいのかを毎週お届けします。
もしかしたら週1回よりも増えるかもと考えています。

週1回練習に通ったとして、3月末までに10回程度。1回200球打つとして
2000球程度しか練習できないわけです。しっかりコツを得た練習を
するように心掛けましょう。

今回から複数回は「ダフリ・トップを無くす」に照準を合わせてお届けします。
しっかり練習に取り入れてくださいね。

<<練習方法>>------------------------------------------------

アイアンショット、アプローチショットでダフリやトップが出る場合、
インパクトが「点」になっている事が多いものです。

スイングは「点」ではなく「線」で振ることができるとミスが激減します。
そこでまずはアプローチショットから「線」で打つ感覚を身に付けましょう。

ポイント1
「掃うイメージ」を持つ事!

ポイント2
インパクトの後、フォローで飛球線に体を向ける事!

さて、実際の練習方法にいきましょう。

アドレス・・・スクエアで左足のつま先を少し飛球線に向けます

ボール位置・・・右足つま先前

打つ大きさ・・・2,30ヤード程度のアプローチ

注意1・・・掃うイメージを持つ

注意2・・・手首を使わない(右手の角度は変えない)

注意3・・・体の回転のみを意識する

注意4・・・「線」をイメージする

注意5・・・フォローで体ごと飛球線に向ける(掃うイメージが持てる)

今回の練習方法はアプローチでの練習ですが、この練習により体の回転を
意識する事ができるようになり、点ではなく線をイメージ出来るように
なれば、アイアンショットも全てダフリやトップが激減するのです。

しかし、10球や20球、1、2回の練習では身に付ける事はできません。
普段の練習の1つとしてできるだけ多くの球を長い期間かけて打つように
心掛けてください。

継続して練習すること、それがゴルフの上達の近道なのです。
飽きないように工夫して、自分の練習に取り入れてください。

<<練習方法 ここまで>>---------------------------------------



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※