メルマガバックナンバー

真っすぐ打つ


■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


真っすぐ打つ

こんにちは、北海道の桜はまだまだ開きません!

今日の練習(気づき)は以前に書いたかもしれません。しかし、本当に
大事なのでまた書きますね。

練習場で見ていると、少し曲がっただけで怒ったり、不満な顔をしたり
する人がいる。真っすぐ打ちたいのだろう。

しかし、よくよく見ていると、スライスに打ちたいのかなーと思うくらい
カットに打っていたりする人が多い。

カットにスイングして真っすぐ打つのは至難のワザでしょう。

どういうことかというと、ボールの曲がる理屈を頭では理解していても
体では理解していないということになる。

カットに打てばスライスする。
インサイドから入れればフックする。

当然誰もが知っていること。だけど知らない。

曲がる球を打ってみよう!

どうすれば、どのくらい、などなどいろんな事を試そう。
そして思い通りに曲がる球を打ってみよう。

スライスを直すことばかり考えず、スライスを意図的に打つ。
思い通りに打てれば上達した気分になる。というか同じスライスでも
完璧に上達したのだ。

どのくらいカットに打てばどのくらい曲がるか?を何球も練習しよう。
そうすれば、スライスの幅を短くしていくことでストレートが
打ちやすくなる。

フックでも同じ、フックなんて打てないよという初心者は多い。
しかし、打っていないだけ。理屈は簡単なんだから後は打ってみる。
そうすれば、体がフックを打つことを理解する。

体が理解できれば、今の自分のスライスがどうして直らないのかが
わかってくる。

「頭でしか理解していないと上達もない。」

「頭と体で理解してほしい。」

ストレートはフックでもスライスでもない球なのだ。



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※