メルマガバックナンバー

アプローチの距離感はスタンスで出す


■■■
■■■ ◆100を切るゴルフ講座!◆
■■■
■■■  〜超簡単なゴルフ上達法〜
■■■


アプローチの距離感はスタンスで出す!

札幌もようやく桜の季節です。
こんにちは!山下です。

今日もアプローチの基本をいきましょう。

気づきは、「アプローチの距離感はスタンスで出す!」です。

アプローチの距離感というのは非常に難しいものですね。
練習場でいくら打ってもなかなか距離感をつかめない。

よく振り幅で距離を調節せよといいますが、その時の体調や
シチュエーションなどによりうまく調節できないものです。

そこで、今日の気づき「アプローチの距離感はスタンスで出す!」です。

例えば、アプローチウェッジのフルショットで80yだとしましょう。
少しオープンスタンスに構えると、同じフルショットでも60yしか
飛ばなくなります。

もっとオープンにすると50y、40yという具合に距離が落ちてきます。

これは、オープンにすることで、トップが小さくなり自然と距離が落ちる
のです。これを利用すると、スタンスのオープンの度合いを把握して
おけば、思い通りの距離を打つことができるということです。

自分でオープンの度合いを練習場でものにしてくださいね。

でも絶対やってはいけないこと。

それは、「力加減で距離を調節すること」です。

どんなに一定の振り幅でも力加減が違えば距離が変わってきます。
常に一定の力加減で打てるように練習してくださいね。



■無料レポート

『ゴルフ上達3つの黄金STEP』

あなたのゴルフは、もっともっと上達できるのです。

自宅でできて、ゴルフが上手くなる練習法!

そんな練習法を無料レポートで作成しましたので、是非お役立て下さい

名前(苗字) ※ (例 山下)
E-Mail ※